御祭神

天照大神 あまてらすおおかみ

 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の娘神で、皇室の御祖神(みおやのかみ)にして、太陽神。皇大神宮(伊勢の神宮・内宮)におまつり申しあげています。皇室をはじめ国民崇敬の中心とされる神様です。
 高天原にて田畑を耕し、あるいは養蚕、織物をされ、安定した国土を経営されたことにちなんで、国土安泰、福徳、開運、勝運をつかさどる神とされます。

豊受大神 とようけのおおかみ

 稲または五穀の精霊神で、豊受大神宮(伊勢の神宮・外宮)におまつり申しあげています。天照大神にお食事をさしあげるお役目より、食物・飲食を、また、衣食住、商売繁昌、厄除開運、無病息災、延命長寿をつかさどる神として古来あがめられています。